車の査定を受ける前に、車体についている傷は直してお

車の査定を受ける前に、車体についている傷は直しておく方がよいのか迷いますよね。
容易に自分で直せてしまうぐらいの多少の傷だったら、直した方がよいと思います。


しかし、自分でできない大きな傷の場合は、修理の依頼はしないで車の買取、査定をそのまま受けた方がよいのです。事故歴のある車の場合、車査定では、減点対象となります。



とは言え、事故車である事実を伏せているようなことはやめておいた方が得策です。なぜなら、後になって事故車であるという嘘が露見して揉め事になる場合がよくあるのです。車買取業者は、それを生業にしているので、事故車でないとシラを切っても程なくバレてしまいます。

心の平静のためにも、誠実に事実を話した方がいいでしょう。

先日、査定表に目を通して気分が下がりました。


私の車はこれだけの金額なんだと気付かされました。


一般人とは違って、あちこち調査が加えられていました。衝撃だったので、よその買取業者も査定を頼んでみたのですが、ほとんど同じ内容でした。
子供が生まれたので、2シーターの車から買い換えようと思っています。


この車とは独身時代からの付き合いですので、並々ならぬ思いがありました。

新車を手に入れるため、下取りに出しました。



予想していたより、査定額は下回ったのですが、傷がついてますので、これ以上は望めないのかもしれません。

車の査定を受けようとする際、気を付けておきたいことは、手間を厭わず何社かに頼んだ方が良いです。

査定を一社に任せてしまうのは良くありません。なぜなら、他の業者に頼んでいれば、万単位で高い額が提示されるようなこともないとは言えないからです。同じ車の査定であっても、買取業者によって査定額に差が出るのはよくあることです。


大事に乗ってきた車の査定額が、僅かでも高いに越したことはありませんし、今日では一括査定サイトという便利システムが使えますから、煩雑な手続きなどは、必要ありません。
中古車買い取りの専門業社で査定をしてもらうなら、少し気を付けて欲しい点があります。



それは、客を騙す意図を持っている悪徳業者に引っかからないことです。初めに決めて納得していた査定額から、相場が変わったなど理由をこじつけて金額を減らそうとする、契約内容を明記した書類を作ることを拒む、入金してくるまでに時間がかかり、何度も催促することになった、など少しネットで探してみると、様々なトラブルが起こっています。あくまで口コミ情報であり、百パーセント本当のことなのかどうかは不明ですが、名前の良く知られている大手であっても車の査定ではまるで詐欺のような真似をしてくることがあるので、多少は警戒した方がいいのかもしれません。
出張査定を受けても手数料はまずかかりませんし、自宅や会社などへの出張が可能なので、忙しい人でも査定を受けられます。


しかし、強く押されると断れないと自覚している方は買取業者への持ち込みを利用した方がよりよいと思ってください。
予約なしで手早く査定を受けられますので、複数の業者を訪ねて損はありません。代金振り込みに関わるトラブルを避けるために代金や手数料の支払いはできるだけ現金にしましょう。


車の査定を受ける際に車検を通しておくか、通さなくていいのかを、判断しかねて迷う人も多くいるようです。



本当のところを述べますと、査定で少しでもよい査定がつくように、と車検切れ間近の車の車検を律儀に通したところで、車検のために支払う金額より車検を通したことによってついたプラス分が、大きくなるということはなく、つまり車検費用の方が相当高くつくわけです。



売るつもりでいる車がそろそろ車検切れを迎える、という場合は、もうその状態のまま査定を受けてしまっても問題はありません。

逆に車検を通すと、その分損をします。