先日のこと、長年乗ってきた愛車をついに売りまし

先日のこと、長年乗ってきた愛車をついに売りました。
その際に取引をした業者から、売った車がインターネットで販売される流れや取引の手続きに関する書類などのわかりやすい説明を受けました。大切に乗ってきた愛着のある車なので、大切にしてくれる方に売れて欲しいと思い、こちらも真剣に話を聞きました。自己所有の自動車を手放そうと思ったときの選択肢としては、買取専門店に売ることと、第二にディーラーに下取りしてもらう方法があり、個人でオークションに自動車を出品して売る方法もあります。

個人でオークションに出品する場合には、車の外装や内装の状態写真や説明を可能な限り理解しやすく記載することが後々トラブルが起こらないようにするためには重要なことです。
更に、売買契約を交わしてしまう前に一度じっくり車を観察してもらうことも必要になるでしょう。その他に自分が重要と思ったことに関しては、「念書」などをきちんと作ってサインと捺印をしてもらうと安心できますね。数年前の出来事になりますが、車を買い替えることにしようと思った際、より高い価格で買取してもらえる業者を探し回っていた時期があります。その際は、情報収集の方法としてインターネットで車の査定価格をいろいろと調べた上で、車一括買取サイトで買取を申し込みました。
思っていたよりも低い金額の提示が多かったのですが、中古車の市場価格は時期によっても少し変化するようです。

ボディカラーの如何によって、中古車の査定額は大きく変動します。白色や黒色などの無難な定番カラーは安定した市場人気を持っているので、見積金額が高くなることが期待できます。更に、定番カラーでもあるシルバーは汚れがあまり目立たないからその分人気も高いのです。

車体の色が定番色以外の場合には、見積額が高くなるとは考えにくいのです。

いくら査定したときに流行の色だったとしても、買取をしてから実際に次のオーナーの手にわたるまでには車体の色の流行も変化しているかも知れないからです。
車を売却する時に必要なものの一つが、車検証と言えるでしょう。しかし、査定オンリーなら、車検証を持ち込まなくても行ってもらう事が出来ます。それは、査定は拘束力はないからです。売買契約が成立した時には、必ず車検証が要ります。


車検証が欠けると登録抹消や名義変更が不可能なのです。残っている期間によっても異なりますが、「車検」によって中古車見積もりの価格が少々変動することがあるのです。
当たり前かも知れませんが、車検が切れてしまっている自動車よりも長期間の車検が残っている方が有利になります。

でも、車検の残り期間が一年もないようだとさほどプラス査定にはならないのです。

車検の残りが少ないと査定金額も高くないからといって、売却前に車検を通すことは無意味であると言って良いでしょう。



車検にかかる費用と査定価格に上乗せされる価格とでは、車検費用の方が高く付くことがほとんどだからです。支払った自動車税が月割りで戻ってくるのは、一般的な普通自動車を売らずに廃車にすると戻って来ます。

軽自動車に関してはまた別で、税金の還付はありません。そうはいうものの、税金を払ったばかりなどで残り期間がたくさんあるなどのケースでは、買取店側が税金分を査定金額に上乗せしてくれるケースが多いでしょう。しかし、査定をするときに税金分の取り扱いについてきちんと説明してくれる買取会社ばかりではないでしょう。
できれば売却する前に確認をとっておいた方が良さそうですね。
中古車の売却方法について自分の思いをあげてみました。

車内清掃してみたり洗車をして見栄えをよくしておくことが大事です。
走ったキロ数が多いと査定される金額が下がってしまうので、手放したいと思ったらなるべく、早期に売却することを念入りに調べたほうがいいと思います。中古車の相場というのは市場のニーズによって変動しています。

ですから中古車を査定する際に業者が提示した価格にも有効期限が設けられているのが普通です。



しかしこの期限も実際のところ様々ですから、算定してくれた査定士にその査定額が保証されのはいつまでか確かめておいたほうが良いでしょう。

期限は長くても10日から2週間位でそれ以上はほとんどないでしょう。
そしてボーナス商戦や決算の時期などに当たるとさらに短くなることがほとんどです。
中古車の買取で契約をかわした後に減額されていた、もしくは引き取られた後に減額されていたという噂を友人から聞いた事があります。

車の引き取り後に減額をするのは、おかしな話です。


売買契約書に判子を押してしまう前に、取引後に減額される可能性を指摘されていたか、正当な理由によって減額する事になったのかなどで相手に求められる対応は変わることになります。

ただし、どのような理由があったとしても、自分自身が納得できないのなら車の買取をキャンセルし、取引を中断するのも良いです。